さまざまな種類のクレンジングがあります

しばしば、面倒のかからないクレンジングの種類についてネゴシエーションがなされていますが、その前に、まずは種類ごとの形をわかる必要があります。

 

クレンジングの魅力・泣きどころ

 

・クレンジングオイル
洗浄力が激しく、メイクの落ち易いクレンジングだ。しかし、脂が残り易いので、ちらっとその後に洗顔しすぎてしまうことで、乾燥肌をつくってしまう。

 

・ジェル&乳部類のクレンジング
負荷は低いものの、洗浄力は落ちます。そのため、なんとなく何度もゴシゴシとこすってメイクを落とそうとすることで、肌を傷めてしまう可能性があります。

 

・ローション部類のクレンジング
これは、コットンに含ませて扱うもので、最近では、がんらいローションを含ませた状態で並べる記録部類もあります。非常に便利でメイクもなくし易いのですが、これらにはエタノールなどの負荷の著しいものが含まれているので、注意が必要です。

 

このように、豊富に種類がいらっしゃるクレンジングですが、実は「絶対にこれが宜しい!」というものはなくどれも一長一短なのです。

 

面倒を抑えたメイク落とし法

 

肌に容易いものは、メイクが落ちず、メイクがしたたるものは、肌に負荷が残るクレンジング。そんなことを聞くと、なんでいいか分からなくなってしまうかもしれませんが、大切なことは、クレンジングの種類では無く、メイクの洗い流し方を使い分けて出向くことです。たとえば、リップとアイライナーでは落としやすさが違うし、日によってメイクがない日もあればねちっこい日もあると思うのですが、全品おんなじ方法でメイクを洗い流すことは、肌に無駄な負担をかけてあることになるのです。

 

まぶたの辺りだけ、ローション部類のクレンジングを含ませたコットンでこそこそ突き止め、マスカラやアイライナーが蕩けるまで暫く待ってから何気なく水で出す。一方、ファンデーションにはオイルクレンジングを乗せてなじませ、オイルが肌の余分な脂まで吸い取って仕舞う前に手っ取り早くなくし、メイクのない日はオイルではなくジェルや乳クレンジングに切り替える。一例ですが、こうしてポジションや状態に合わせて臨機応変にメイク落としの手を変えれば、肌への面倒を心から減らすことができるのです。

 

DUOクレンジングバーム参照ページ