雛形をもくろみ

狙った筋肉にピンポイントに負荷を与えます。リアクションで行なわないように、正しい雛形を意識します。

自宅で筋トレするシチュエーション

自宅で行なう場合でも、ちょっとした装置がいらっしゃるほうがよいです。ただし装置を準備できない場合は自重養成が良いでしょう。

自重養成では、筋肉をちゃんと収縮とプレッシャーをさせながら、ゆっくりとした稼働で行います。回通算は装置を取り扱うより多めに行い、体が慣れないように定期的に養成目的に一変を付けるとよいです。

自重養成

・クリック進展(腕立て)
しっかり以下まで無くしながらゆっくり行いましょう。

・徒歩高めクリック進展(腕立て)
徒歩を椅子に上げた状態で重荷を付け足した腕立てだ。

・スクワット(徒歩)
痩せる筋トレと言われます。というのも、大腿の筋肉は最初代謝が激しく、筋量が増えると多くのカロリーを消費するからだ。手立てを心中のバックに築き上げ、きちんかがみましょう。可能ならリュックをしょったり、片足でしてみたり、重荷を決めるようにする。

・クランチ(腹筋)
良くある腹筋ではなく、芋虫のように腹筋(腹部ストレート筋)をぴたっと収縮させましょう。10回ほどで動けなくなり、非常に効果系統だ。丈中に負担がかかるので、困難はし過ぎないようにください。

・チンニング(丈中)
※懸垂のタイミング
公園の鉄棒などで行います。できない人は、気持ちよくジャンプしてその是非をちょっぴり使って上述まであがり、じっくり降りて現れる、というのを繰り返しましょう。

装置あり

ダンベル(可変バリエーションだとgood)と、養成ダッグアウト、腹筋ローラーがあると良いです。Amazon通販で至極安く買うことができます。

新人でも、これだけは覚えておいたほうが相応しいものは、下記の3つだ。

・ダンベル圧迫(大母乳筋 三心中筋)
・ワンハンドローイング(広背筋)
・腹筋ローラー実施(腹部ストレート筋)

筋トレのカリキュラムの詳細は、下記のサイトが参考になるでしょう。エンビロンお得情報サイト